ここから本文です

「防弾少年団」、米・NYTマガジンでスポット浴びる

5/6(土) 10:42配信

WoW!Korea

韓国ボーイズグループ「防弾少年団」のシンドロームはどこまで広がるのか。アメリカ最高の有力紙「New York Times Magazine」が、「防弾少年団」の南米での人気や影響力にスポットを当てた。

防弾少年団のプロフィールと写真

 New York Times Magazineは、5月7日号とオンライン記事で「K-POPグループが南米で大きな旋風を巻き起こしている理由は何だろうか」というタイトルで「防弾少年団」のチリでの人気を文化、経済などといった多角的な分析をして大きく取り扱った。

 New York Times Magazineは「K-POPが全世界を強打しているが、チリが一番を代表する国だ」と紹介。チリの朝のニュース番組では「防弾少年団」が入国するのを生中継し、ファンが空港で涙を流しながら待つ姿を報じたという。

 「防弾少年団」のSNSを通じたファンとの積極的な交流方法やチリのラジオでK-POP番組のスタート、献身的なファンが韓国の記事や情報を自発的に翻訳して共有している例などを詳しく扱って、「防弾少年団」の人気の要員を分析した。

 またNew York Times Magazineは「2ndアルバム『WINGS』が2016年に韓国で一番多く売れたアルバム」と紹介。「防弾少年団」の驚くほどの成長ぶりに注目し、「全世界のファンが『防弾少年団』の精錬されたサウンドと希望に満ちたメッセージに共感していると見られる」と評価した。

 最後にNew York Times Magazineは「『防弾少年団』のコンサートでの観客の歓声は、モビスター・アリーナで歴代最大の127デシベルを記録した」とし、「『防弾少年団』がチリで打ち立てた一番印象的な数値だ」と説明した。

 「防弾少年団」は、3月に世界的に有力なメディアであるNew York Timesの米ツアー現場記事が掲載された後、毎週日曜日に発行されるNew York Times Magazineでも取り上げられ、世界的な注目を集めている。

最終更新:5/6(土) 10:42
WoW!Korea