ここから本文です

【かしわ記念】コパノリッキーG1・9勝目 “ユタカマジック”で復活

デイリースポーツ 5/6(土) 6:00配信

 「かしわ記念・Jpn1」(5日、船橋)

 2番人気のコパノリッキーが、道中6番手のポジションから直線で豪快に差し切って快勝。2014、16年に続いてかしわ記念V3を決めて、G1・9勝目を挙げた。2馬身差の2着は5番人気インカンテーション、3着は3番人気モーニン。1番人気のベストウォーリアは4着に敗れた。

 コパノリッキーが得意の舞台で鮮やかな復活劇だ。ドラマの始まりはスタートの場面から。ゲートを伸び上がるように出てしまい、全くダッシュがつかず6番手からの追走となった。

 場内からは悲鳴にも似たどよめきが起こったが、「スタートが悪ければこの形も想定していました」と武豊は冷静沈着にレースを運ぶ。折り合いに専念して直線で外に持ち出すと、左ムチの連打でゴーサイン。残り150メートルで先頭を立ち、後続を突き放してフィニッシュ。上がり3Fはメンバー最速の38秒0。ユタカも思わず右手でガッツポーズをつくったほど、会心の騎乗だった。

 「3年前にも差す形で勝っているし、前が引っ張ってくれていい流れだなと思った。つかみどころのない馬ですけど、久々にらしさを見せてくれましたね」と大声援に応えてユタカスマイルも全開。昨年に続いて天皇賞・春、かしわ記念とゴールデンウイークのビッグレースを独り占めだ。

 5日は小林祥晃オーナーの70回目の誕生日。黄色のスーツで決めた同オーナーは「スタートが決まらずヒヤヒヤでしたけどね。今後は帝王賞(6月28日・大井)、南部杯(10月9日・盛岡)を勝ち、夢のG1・11勝の日本新記録を目指します」と宣言。復活を遂げたコパノリッキーのチャレンジはこれからも続く。

最終更新:5/6(土) 7:58

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ