ここから本文です

人種差別チャントに抗議で自らピッチを去ったムンタリ、退場処分は取り消しに

GOAL 5/6(土) 11:45配信

ペスカーラに所属する元ガーナ代表MFサリー・ムンタリに対する1試合出場停止処分が取り消しとなった。イタリアサッカー連盟(FIGC)が発表している。

30日に行われたセリエA第34節カリアリ戦に先発出場していたムンタリに対し、カリアリのサポーターから人種差別的なチャントが浴びせられた。試合終盤、ムンタリはダニエレ・ミネッリ主審に対して試合を中断するように抗議したものの受け入れられず、結局自身が警告を与えられた。するとムンタリは抗議の意味を含め、ピッチを去ることを決断している。

ところが主審は、ムンタリが自主的に退場した行為に対してもイエローカードを提示しており、主審への抗議で提示された1枚目と合わせて退場処分となっていたことが明らかになった。

しかし、この決定に世界中から非難の声が寄せられる。結果としてFIGCはミネッリ主審と協議した上で、ムンタリの異議申し立てを認め、出場停止処分を取り消した。

処分が取り消されたことにより、ムンタリは7日に行われるクロトーネ戦の出場が可能となっている。

GOAL

最終更新:5/6(土) 11:45

GOAL

スポーツナビ サッカー情報