ここから本文です

田中将大3年ぶりリグリー・フィールドで上原と談笑

5/6(土) 12:10配信

東スポWeb

【イリノイ州シカゴ5日(日本時間6日)発】ヤンキースの田中将大投手(28)が、8日(同9日)に敵地で行われるレッズ戦に備え、ブルペンに入り、31球を投げた。リグリー・フィールドは因縁の地。2014年5月20日にメジャー初黒星を喫している。訪れるのはその時以来、3年ぶりだ。ブルペン投球の前には外野でストレッチを行っていたカブスの上原浩治投手(42)にあいさつ。強風と気温6度の寒さの中、田中も時折体を動かしながら、5分ほど談笑した。

 そんな田中に残念なお知らせが届いた。正捕手サンチェスがメジャー復帰し、代わって弟分の日系4世・ヒガシオカがマイナーに降格した。休養日だった4日(同5日)にはヒガシオカをシカゴの焼き肉屋に誘い、その様子を自身のインスタグラムにアップしていた。

 田中がヒガシオカとバッテリーを組んだのは2日(同3日)のブルージェイズ戦のみ。7回に実現したが、左本塁打、捕ゴロ、左安打で降板となり、不完全燃焼だった。もっと組みたかっただろうが、次の機会に持ち越しとなった。

最終更新:5/6(土) 12:10
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 16:30