ここから本文です

「お尻やおっぱい…プレーを見て!」青山加織はアン・シネ同組でスコア伸ばす

5/6(土) 18:17配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 2日目(5日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6670yd(パー72)

【フォトギャラリー】アン・シネがいっぱい

決勝ラウンドに入った土曜日。午前8時スタートの第1組でプレーした青山加織が、この日ベストとなる4アンダー「68」で回って、通算1オーバーの15位へ浮上。同組のアン・シネ(韓国)も2アンダー「70」で通算3オーバーの32位へ。早朝から約3時間半でさっそうと回った2サムが、軽快にスコアを伸ばした。

「ショットがめっちゃ良かったし、パットも良かった」と6バーディ(2ボギー)を奪った青山。「昨日までは最終組だったので(きょうは)回りやすかった」と、前組に詰まることなく、コースコンディションも綺麗な第1組を満喫した。
注目のアンと同組。早朝にも関わらず多くのギャラリーがついて歩き、「ギャラリーがすごく多くて、久しぶりに楽しかった。アン・シネさんのギャラリーだけど、自分のギャラリーかのようにプレーした」とにっこり。「みなさん、お尻とかおっぱいを見に来たと思うけど、わたしは“プレーを見てください”って思ってやりました(笑)」と、“セクシークイーン”に負けない堂々たるプレーを披露した。

2人ともスコアを伸ばしたこの日。青山は「しゃべっても良い子だし、プレースタイルとかスイングが好き。リズムも合ったし、すごくスムーズに回れました」と、初のアンとの同組に好印象。これを伝え聞いたアンも、「スピード感のあるプレーヤー。シナジーが生まれて良い結果になったと思う」と、うれしそうに微笑んだ。(茨城県つくばみらい市/今岡涼太)