ここから本文です

リンゴ園、摘花に汗 大子

茨城新聞クロスアイ 5/6(土) 4:00配信

「奥久慈りんご」として知られる大子町特産のリンゴが花を咲かせている。例年より約1週間遅れ。新緑と白い花に包まれた観光リンゴ園では、摘花作業に追われている。

花数を減らし、養分を集中させることで、実を大きくして品質を高める。同町盛金の「奥久慈りんご園」では、塙正比古さん(68)が脚立に上がり、花の咲き具合を見極めながら手早く摘んでいった。

「今年は開花が遅れたことで、晩霜の被害を受けなかった。秋は豊作が見込めそうだ」と笑顔の塙さん。作業は来週いっぱい続く。 (菊地克仁)

茨城新聞社

最終更新:5/6(土) 5:05

茨城新聞クロスアイ