ここから本文です

都内で「プチリッチ気分」が味わえる高級ホテル6選 GW期間限定も

ZUU online 5/6(土) 11:30配信

ゴールデンウィークも後半に突入し、交通機関などの混雑も本格化するなか、仕事などに追われて連休中にレジャーの予定が何もないという、少しさびしい声も聞こえてくる。

空席が限られていたり、料金が割高だったりするため、遠出はできないけれど、せっかくの休みの間に、リフレッシュをしながら贅沢な気分を味わえる都内の高級ホテルを紹介する。

■「食」で楽しむ高級ホテル
―ーザ・ペニンシュラ東京、コンラッド東京、シェラトン都ホテル

(1)ザ・ペニンシュラ東京

高級ホテルのロビーは、宿泊客ならずとも訪れてみると高揚感に包まれる。生演奏が流れる中、アフターヌーンティーで午後のひと時をゆったりと過ごせるのがザ・ペニンシュラ東京。

美しい花々が咲き誇る庭園をイメージしたというアフターヌーンティーは、旬の食材を使用したサンドウィッチに自家製スコーン、色鮮やかなマカロンなどスイーツもテーブルを飾る。さらに10種類からのティーセレクションが付いて1人5000円(消費税、サービス料15%別途)。

さらに、4種類のシャンパンから好きな銘柄を選べるセット7000円(同)もある。色鮮やかなテーブルは、思わず写真を撮ってSNSにアップしたくなる衝動に駆られる。

(2)コンラッド東京

コンラッド東京は、昨年末に数量限定で提供し大好評だった「フォアグラビーフバーガー 黒トリュフのソース」がGW限定で再登場。

文字通り、世界三大珍味のフォアグラと黒トリュフを惜しみなく使ったバーガーは、高級フランス料理の一皿を一口で味わえる贅沢な一品。口の中に広がるそれぞれの素材の味を存分に堪能したいところだ。フレンチフライ・サラダ付きで3900円(税金・サービス料別)。数量限定となるが、プチ贅沢を味わいたいGWにはぴったりだ。

(3)シェラトン都ホテル

白金台にあるシェラトン都ホテルでは、オープンテラスで楽しめるバーベキュープランが登場。

ホテル内のカフェ・カリフォルニアで、ランチタイムはU.S.アンガスサーロインやイベリコ豚のバラ肉に加え、エビやサザエなど魚介類もメニューに含まれ、ビール・ワイン、ソフトドリンクなどが90分飲み放題で1人5000円。ディナータイムは、2時間の食べ放題・飲み放題となり、1人8000円となる。都会のど真ん中のおしゃれな空間で、気軽にバーベキューが楽しめそうだ。

■高級ホテルでコト消費
―ーハイアットリージェンシー東京

(4)ハイアットリージェンシー東京、ホテルオークラ東京

GW期間中は一部で天気が急変した局面もあったが、おおむね好天が続き真夏日に迫るほど気温も上昇。陽気さに包まれてきたら、夏を前に一足先にプールを楽しむのも手だ。

ハイアットリージェンシー東京のプールは、一般ビジターの利用も可能で、新宿というロケーションながら、都心の喧騒を忘れさせてくれる優雅な空間だ。プールサイドにはジャグジーのほか、居心地のよいデッキチェアが配置され、日ごろの疲れたからだを休めながらリラックスできる。また、同ホテルの高層階にはスパ&ウェルス「ジュール」があり、「気」の流れに着目したオールハンドのトリートメントを受けることができる。

(5)ホテルオークラ東京

本館建て替え中のホテルオークラ東京では、毎年恒例の日本に駐在する各国大使や大使夫人らによるガーデニングがお目見えしている。

2017年はデンマーク、ポルトガル、タイ、南アフリカ共和国など10ケ国が参加し、各国の個性豊かな庭園が広がる。亜熱帯地域のトロピカルな庭園やヨーロッパのクラシックな庭園など会場には異国情緒が漂い、日本国内から抜け出して旅をしている気分も味わえそうだ。入場券は1500円で、収益の一部はチャリティーとして寄付されるという。

■子供にもプチ贅沢気分
―ーホテルニューオータニ

(6)ホテルニューオータニ

連休中に子供を旅行やレジャー施設などに連れていったり、普段経験できない学習の機会を与えたりすることができていない親の味方となりそうなのがホテルニューオータニだ。

GW期間限定で、子供の食育メニュー(4800円・税/サービス料別)を提供。料亭「千羽鶴」の料理長の手により、海の幸、山の幸とそれぞれ素材の味を十分に引き出した日本料理で、子供の味覚を育むように献立が組まれている。また、ホテル内のリブルームではシェフが1枚1枚丁寧に焼き上げる黒毛和牛ステーキのキッズメニューが登場。大人も納得の本格的な味わいに、デザートも付いて3700円(税/サービス料別)となる。

食育メニュー、ステーキいずれもランチ・ディナータイムで提供。連休中の思い出づくりに、子供も親と一緒にプチ贅沢気分を味わえるチャンスだ。

高級ホテルは連休中に、プチリッチ気分が味わえるサービスが数多く提供している。まだGW期間中に何も思い出作りができていなくても焦る必要はなさそうだ。ちょっぴり贅沢に食で攻めるもよし、優雅な気分でコト消費に走るもよし、子供と一緒に楽しむのもよし。最後のバカンスを存分に楽しみたいところだ。(ZUU online 編集部)

最終更新:5/6(土) 11:30

ZUU online