ここから本文です

(てんでんこ)マイ電力:10 空き容量

朝日新聞デジタル 5/6(土) 11:30配信 有料

 ■十分な説明もなく、自然エネが締め出され、負担金が増えていく。
 東北電力は昨年5月末、青森、岩手、秋田の3県と宮城県の一部の基幹送電線の空き容量がなくなった、と発表した。今後は、自然エネルギーを含む新たな電源の受け入れはできないというのだ。
 一般社団法人「グリーンファンド秋田」は、秋田県にかほ市で2基目の風車、高森風力発電(2千キロワット)の事業認定をすでに取っていた。生活クラブ生協の組合員向けの電気だ。代表理事の半澤彰浩(はんざわあきひろ)(58)は、「まずいことになった」と感じた。
 3月の説明会では、接続には基幹送電設備の増強費用を支払う必要があると言われた。……本文:1,810文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:5/6(土) 11:30

朝日新聞デジタル