ここから本文です

15歳・久保建英、華麗なルーレットで観衆沸かすも…9人のF東23は3失点完敗/J3リーグ第7節

GOAL 5/6(土) 15:56配信

■J3第7節 F東23 0-3 琉球

F東23:なし

琉球:才藤(2分)、富所(30、36分)

明治安田生命J3リーグ第7節が6日に行われ、味の素フィールド西が丘ではFC東京U-23とFC琉球が対戦した。試合は琉球が3-0でFC東京U-23を下し、3試合ぶりの白星を奪った。一方、FC東京U-23にとっては3試合ぶりの敗戦となった。

2日にFIFA U-20 ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表メンバーが発表され、FC東京U-23からはGK波多野豪と15歳のMF久保建英が選出された。久保は3日の2017JリーグYBCルヴァンカップ・北海道コンサドーレ札幌戦にも出場しており、FC東京U-23もより一層注目を集めている。一方、前節・ブラウブリッツ秋田に大敗を喫した琉球は、3試合ぶりの白星を狙う。

試合は開始早々に動く。2分、右サイドでFKを獲得すると、キッカーの富所悠がクロスを入れる。DFのクリアボールを拾った増谷幸祐がシュート性のボールを送ると、GK波多野がこれを前に弾いてしまう。最後は才藤龍治が押し込み、琉球が先制に成功した。

リードを許したFC東京U-23に痛恨のプレーが生まれる。18分、小川諒也が早々に2枚目のイエローカードを受けて退場。残りの70分近くを10人で戦うこととなった。

FC東京U-23は23分、自陣低い位置でボールを受けた久保がルーレットで相手DFをかわし、一気にカウンターに持ち込む。スピードに乗ったドリブルからDFもう一枚を置き去りにし、右サイドの柳貴博を使ったが、ここはシュートチャンスまで持ち込めなかった。

すると30分、琉球はペナルティエリア手前の名倉巧がスルーパス。これを受けた富所が右足シュートを突き刺し、追加点を奪った。さらに直後の36分、CKの流れからペナルティエリア内右の才藤がクロスを入れる。相手に当たったボールを富所が拾い、ゴール右上隅に蹴り込んで3点差とした。このまま3-0と琉球が大きくリードしてハーフタイムを迎える。FC東京U-23は久保がチャンスメイクする場面もあったが、前半のシュートは0だった。

後半に入っても琉球が試合を押し気味に進める。FC東京U-23にチャンスが巡ってきたのは62分。ペナルティエリア手前右でFKを獲得すると、久保が左足で直接狙ったが、ここは惜しくも落ちきらず、わずかにクロスバーの上を越えていった。

琉球にまたしてもチャンスが巡ってくる。71分、ペナルティエリア手前右でFKを獲得すると、富所が直接狙ったが、ここはクロスバーを直撃してしまった。

ここでFC東京U-23にまたしても痛恨のプレー。82分、今度は内田宅哉が2枚目のイエローカードを受けて退場し、9人となってしまった。ここで久保がピッチを去り、坂口祥尉が代わって入った。試合はこのまま琉球が3-0でFC東京U-23を下した。

GOAL

最終更新:5/6(土) 15:57

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合