ここから本文です

広島、阪神追走へなりふり構わず 巨人・由伸監督必死のベンチワーク

5/6(土) 14:00配信

東スポWeb

 巨人が苦しみながらも、必死のベンチワークで白星を手にした。5日の中日戦(ナゴヤドーム)は、同点に追いついた8回、小林が勝ち越しのセーフティースクイズを成功させ、3―2で逆転勝利を収めた。上位の広島、阪神追走へ、最下位相手に取りこぼすわけにはいかず、なりふり構ってはいられない。

 1点ビハインドで迎えた8回、由伸監督が勝負に出た。一死後、マギーが二塁打を放つと、代走に寺内を送った。続く長野が四球を選ぶと右腕の三ツ間に対し、ここまで2安打の石川に代打・亀井をコール。亀井が右前適時打を放ち、まずは同点。なおも一死一、三塁で、続く打者は打率1割台に低迷する小林。由伸監督はここでセーフティースクイズを命じた。

 ところが、小林は初球で決められない。2球目も見逃し、あっという間に追い込まれたが、カウント1ボール2ストライクからの4球目をなんとか捕前へ転がした。

「強いゴロ以外はゴーという指示だった」という三走・長野は、本塁アウトのタイミングだったが、捕手・杉山のミットからボールがポロリとこぼれ落ちセーフに(記録は犠打野選)。ギリギリのプレーで1点をもぎ取ると、マシソン―カミネロのリレーで逃げ切った。

 試合を決めたスクイズについて、由伸監督は「ウチもやりますし、他もやる作戦ですから」とサラリと流したが、昨季は2度しか、サインを出していない(成功は1回)。今季は早くも2度目。あくまで“選手主導”の野球に重点を置きながらも、ここぞではベンチが動くという指揮官の決意をのぞかせた。

 今季に関しては、中日戦だけは落とせないという重圧もある。チーム内では「今年は中日戦を取りこぼしたチームが脱落する」と見ている関係者が多いからだ。首位を走る広島は、今季中日戦は5勝1分けとまだ無敗。「こっちも一敗もできない緊張感がある」という声もある。

「初戦を取らないと、二つ目、三つ目、と続かないですからね」と由伸監督。中日戦はどのカードも3連勝が最低目標だ。

最終更新:5/6(土) 14:00
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 13:20