ここから本文です

マトリョミンの体験コーナーも 浜松で演奏会

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/6(土) 8:41配信

 世界最古の電子楽器といわれる「テルミン」と、テルミンを基に開発された「マトリョミン」の演奏会が5日、浜松市中区の市楽器博物館で開かれた。

 テルミンはロシアの科学者レフ・テルミンが1920年に発明した楽器。同市在住の演奏家竹内正実さんの門下生らが、電波を発するアンテナに手を近づけたり遠ざけたりして音階や音量を変えながらさまざまなジャンルの曲目を演奏した。

 竹内さんがテルミンとロシアの民芸品マトリョーシカを組み合わせて開発したマトリョミンの演奏も来館者を楽しませた。演奏体験コーナーも人気を呼んだ。

 6日は正午、午後1時、2時から演奏会が行われる。問い合わせは浜松市楽器博物館<電053(451)1128>へ。

静岡新聞社

最終更新:5/6(土) 8:41

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS