ここから本文です

<アニメ質問状>「恋愛暴君」 原作者が明かすキャラの初期構想 アニメを見て「あれ!?可愛い」

まんたんウェブ 5/7(日) 13:30配信

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、三星めがねさんのラブコメマンガが原作の「恋愛暴君」です。原作者の三星さんに作品の魅力を語ってもらいました。

【写真特集】お色気シーンに爆笑シーンも 美少女キャラが続々の「恋愛暴君」名場面集

 --作品が生まれたきっかけは?

 元々、女の子を描くのは好きだったんですが、どちらかというと私は、純粋な「可愛さ」以外のものを持つ女の子の方に興味があったんです。ただ、それは果たしてウケるのか、面白いのかが分からなくて……。担当さんと打ち合わせを重ねる中で、むしろそれを前面に出すような話を……ということになり、生まれたのが、「恋愛暴君」のキャラクターたちです。

 --アニメを見て、原作者として感じたことを教えてください。

 自分のマンガのキャラやストーリーに対しては、いつも距離感を持って、大家のようなドライな感情で描いています。でも、アニメでカラーになって動いて、しゃべっているのを見たら、「あれ!? 可愛い……。可愛いな!!」って声を大にして言っていました。自分のマンガのキャラを心の底から素直に可愛いと思えたのはうれしかったです。そして、青司の苦労ボイスにとても同情しました。青司、本当にかわいそう……(笑い)。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 初期の初期の構想では、グリに弟がいたり(『グリとグ◯』的な、名前オチにしたかったんです!笑い)、柚が茜とは血のつながらないただの後輩ちゃんだったり、あくあが存在しなかったり、ストラスはモザイクだけの存在にしようかって案もありました。紆余(うよ)曲折あって、それらの設定は使わなかったんです。柚は設定を盛りすぎてしまったと今でも思っているくらいなので、演じる声優さんも本当に大変だと思います……! ストラスはまさか、その後、何回も出てくることになるなんて、当時は全く考えていなかったので、モザイクにしなくてよかったですね(笑い)。

 --今後の見どころを教えてください。

 いろいろな過程があっての「今!」って感じで、物語は一見、落ち着いてきているように見えますが、でも新しい風も吹いてきたりな展開になるかと思います。まぁ基本的にはいつもドッタンバッタンな感じですね!

 --ファンへ一言お願いします。

 「恋愛暴君」を応援してくださる皆さま、いつも本当にありがとうございます。12日には、これまで描いたショートエピソードに、描き下ろしを加えた「恋愛暴君」11.5巻短編集も出させていただきますので、ご覧いただけたら幸いです。これからも、頑張ります!

三星めがね

最終更新:5/7(日) 13:30

まんたんウェブ