ここから本文です

Vシネ「ジュウオウジャー」中尾暢樹ら、早くもジュウオウロスの國島直希に「恋だよ」

映画ナタリー 5/6(土) 13:10配信

Vシネマ「帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦」の完成披露舞台挨拶が本日5月6日に東京・ニッショーホールにて行われ、メインキャストの中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡邉剣、立石晴香、國島直希、ゲスト出演者の林家たい平が登壇した。

【写真】中尾暢樹(他47枚)

本作は、2月に最終回を迎えた特撮ドラマ「動物戦隊ジュウオウジャー」のその後を描くもの。ジュウオウジャーの6人のほかにバドやペルルが登場し、たい平が敵である宇宙マフィアのポカネ・ダニーロを演じた。

「ただいまー!」と叫んだ中尾に、ファンは大きな声で「おかえりー!」と答える。國島が「今日は楽しんでいってくだ……」と言うと会場全体が「サイ!」と声をそろえ、おなじみになった掛け合いを楽しんだ。

2週間前まで「動物戦隊ジュウオウジャーファイナルライブツアー2017」で全国を巡っていた6人。本編撮影時は毎日のように顔を合わせていたことから、2週間も会わなかったのは今回が初めてだそう。「2週間空いて、髭濃くなった?」と柳に言われた中尾は、慌てて「もともと濃くて、がんばって剃ってたんだよー!(笑)」と言い返す。南羽が「会ったときに操が『わー! 翔平さーん!』って言ってきて(笑)」と明かすと、國島は「やっぱ会えない日も(みんなのこと)考えるよね、寝る前とかさ……」と乙女な発言。南羽から「それはもう、恋と呼ぶんだよ」と笑われていた。またその話を受け、たい平は「みんな若いから2週間くらい元気で耐えられるよね。笑点も2週間に1回収録するんだけど、みんな生きてるかな?って思うもん(笑)」と笑いを誘う。さらに「まさに“お命頂戴!”だから」とタイトルになぞらえた発言で拍手を起こした。

メインキャストの6人は、本編とは違うVシネマバージョンの衣装で登場。しかし國島のジャージ姿を見て、中尾は「みっちゃん、衣装着てきた?(笑)」と指摘する。2016年のクリスマスに行った衣装合わせを振り返り、國島は「みんなああでもないこうでもないって楽しそうにやってたけどさ、俺、わざわざクリスマスに行って、(本編で)ジニスと対峙したときと同じ衣装をまんま着たんだよ! スタッフさんにも『うん、操はまあいいか』って言われたんだよ!? まあ用事は鬼ほどなかったんだけど(笑)」と嘆く。「今まで着たことのない衣装を着るのは楽しいよね」と話す渡邉は後ろ髪のアレンジが柳とおそろいであることを明かしたほか、和服姿を絶賛された立石は「なんでしっぽがないのかは、ぜひこのVシネマを観ていただきたい」と語った。

ジュウオウジャーとしての活動が終わっていく実感がないという中尾は「今はこうやって会えてるし、まだ“ジュウオウロス”になる前。これからふとした瞬間……寝る前に考えるかもね(笑)」と言いつつ、國島に「(寂しくなるのが)ちょっと早いよ」と声をかける。柳と中尾に「女の子だからね」「寂しがり屋のうさぎみたい」と笑われた國島は、自ら「メスのうさぎだね?」と笑いを起こした。

終盤にはたい平がなぞかけを披露。「帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャーと戦ったポカネ・ダニーロとかけまして、神社で『宝くじが当たりますように』と願っている人と解きます。その心は……どちらもまったくかないませんでした!」というプロの腕を目の当たりにして、キャストたちは「生で見れるなんて!」「一生の思い出ですね」と喜んでいた。

最後の挨拶で中尾は「東映の皆さん、『VS(シリーズの映画)』とかあるかな? ありますよね?」とスタッフを見やる。そして「まだわかりませんけど、ジュウオウジャーの出番が来たら応援してくれるとうれしいです!」とイベントを締めくくった。

「帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦」のBlu-ray / DVDは、6月28日に発売。

(c)2017 東映 AG・東映ビデオ・東映 (c)2016 テレビ朝日・東映 AG・東映

最終更新:5/6(土) 13:10

映画ナタリー