ここから本文です

国頭、滝に落ちた女性発見 米軍ヘリが搬送

琉球新報 5/6(土) 19:10配信

 6日午後0時40分ごろ、国頭村安波の普久川(通称タナガーグムイ)で、米軍嘉手納基地所属の女性空軍兵(19)が滝つぼに落ちたとの通報が名護署や国頭地区行政事務組合消防本部などにあった。
 同署や同消防本部が潜水して捜索し、約4時間半後の午後5時19分に川底で女性を発見。消防本部によると、女性は意識や脈、呼吸がなく心肺停止状態だったため、消防署の搬送対象外となった。

 同日午後5時57分ごろから米軍ヘリ1機が現場周辺の上空を2周した後、午後6時6分ごろ、女性を乗せたとみられる救助用の担架を滝壺からヘリまで引き上げて回収した。

 同消防本部によると、女性が発見された現場は水深8メートルの川底。タナガーグムイの滝から約13メートル、対岸から約10メートル離れた川の中心付近で発見された。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:5/6(土) 19:10

琉球新報