ここから本文です

川平慈英まさかの小学生カリスマに Eテレ見て学校でモノマネ

5/6(土) 16:32配信

東スポWeb

 5日はこどもの日だったが、NHKEテレの番組「コレナンデ商会」に出演中のマルチタレント・川平慈英(54)が、小学生視聴者の間で大ブレークしている。

 川平は上智大学在学中に、ミュージカル俳優としてデビュー。1993年に「ニュースステーション」(テレビ朝日系)でサッカー担当キャスターとして一躍、脚光を浴びた。その後、ナレーターや声優として活躍。「ムムッ!」「いいんです!」などのフレーズが、お笑い芸人の博多華丸にモノマネされるなど、人気となった。今や小学生までもがマネするようになっている。

「Eテレの前身はNHK教育テレビ。2011年6月から“Eテレ”と呼ぶようになった2チャンネル。去年4月からスタートした『コレナンデ商会』は、小学生が登校する前の平日の朝7時35分から45分まで、10分間放送されている番組なんです」(関係者)

 番組の内容はジェイ社長こと川平以外はすべて人形というパペットバラエティー。川平がボンゴを叩いたり、歌を披露するという内容だ。

「この番組を見た小学生たちの間で“川平ブーム”が起こっているのです。番組を見て学校に行った子供たちは、授業が始まる前にみんなで川平の口マネをする。まさか、子供たちにマネされて、小学生の間で大ブレークするとは本人も思っていなかったでしょう。民放のバラエティー関係者も、改めて川平の存在に注目していますよ」とは制作会社スタッフだ。

 川平が54歳で再ブレークを果たす勢いで、バラエティータレントとして飛躍しそうだ。

最終更新:5/6(土) 16:48
東スポWeb