ここから本文です

バレンシア監督ボロが今季限りで退任、後任候補はセティエン、ベリッソ、マルセリーノ…

GOAL 5/6(土) 22:04配信

バレンシアのボロ監督が、今季限りで退任することを自らの口で発表した。

バレンシアのオーナーを務めるシンガポール投資家ピーター・リム氏が、来季に新監督を迎えてチームを再構築する考えであったのは、常々報じられてきたことだった。そしてボロ監督は6日の記者会見で、クラブからその旨を通達されたことを明かしている。

「昨日、クラブから新監督を探していることを正式に伝えられた。私の将来については、これまで何度も会見で話されてきたテーマであり、私はクラブが決定を下す際にはあなた方(報道陣)に伝えると言い続けてきた。実際に決定が下されたので、今そのことを伝えている」

バレンシアのトップチームのスタッフでありながら、暫定指揮官として何度もチームを率いてきたボロ監督。2016年12月にチェーザレ・プランデッリ監督が退任した際には、暫定ではなく今季終了までチームを任されたが、リーガエスパニョーラ第35節終了時点では勝ち点40で12位に位置と、無風地帯でシーズンを終えることが濃厚となっている。

ボロ監督は、今後もバレンシアに残り何らかの役割を任される予定。なおバレンシアは後任監督としてラス・パルマスのキケ・セティエン監督、セルタのエドゥアルド・ベリッソ監督、元ビジャレアル指揮官マルセリーノ・ガルシア・トラル氏らを候補に挙げているようだ。

GOAL

最終更新:5/6(土) 22:04

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合