ここから本文です

マンチェスター・Cが完勝でCL出場権獲得へ前進/プレミアリーグ第36節

GOAL 5/6(土) 22:29配信

■プレミアリーグ第36節 マンチェスター・C 5-0 クリスタル・パレス

マンチェスター・C:シルバ(2分)、コンパニ(49分)、デ・ブルイネ(60分)、スターリング(82分)、オタメンディ(90+3分)

クリスタル・パレス:なし

プレミアリーグ第36節が6日に行われ、マンチェスター・シティとクリスタル・パレスが対戦した。試合はホームのマンチェスター・Cが5-0で勝利している。

チャンピオンズリーグ出場権獲得のため、勝利が欲しいマンチェスター・Cがいきなり得点を奪った。2分、ゴール手前30m付近中央やや右でダビド・シルバがボールを受け、クリスタル・パレスのDFラインの裏に浮き球のパスを出す。ゴールエリア右に走り込んだラヒーム・スターリングが折り返すと、クリスタル・パレスのDFがクリアミス。ボールを拾ったシルバがダイレクトでゴールに押し込んだ。

先制点を奪った後は、マンチェスター・Cがボールを保持し続けた。クリスタル・パレスはボール奪取からのカウンターを狙うが、なかなかボールを奪うことができなかった。何度かあったカウンターの機会ではウィルフレッド・ザハの独力突破を中心にマンチェスター・Cのゴールに迫るが、シュートまでは至らない。

クリスタル・パレスがようやく最初のシュートを放ったのは35分、アンドロス・タウンゼントが右サイドからクロスを送るとゴール前で待つクリスティアン・ベンテケが打点の高いヘディング。際どいコースにボールが飛んだが、ウィリー・ガバジェロが左手で弾いた。

前半はマンチェスター・Cが圧倒的な試合を展開した。早い時間に先制し、ボールを支配し続けた。それでも追加点を奪うことはできず1-0でハーフタイムに突入。

前半開始早々に得点を挙げたマンチェスター・Cであったが、後半開始直後にもゴールを奪った。49分、コーナーキックの流れから右サイドでケヴィン・デ・ブルイネがボールを受ける。グラウンダーの速いクロスを中央に送ると、ゴール前でマークを外したヴァンサン・コンパニがうまく右足で合わせた。シュートはゴール右上に突き刺さり、2-0。

さらに60分、マンチェスター・Cは敵陣深い位置で相手のスローイングからボールを奪い、右サイドでガブリエウ・ジェズスがボールを持つ。中央に走り込んだデ・ブルイネにパスを出し、ダイレクトで放たれたシュートは相手GKウェイン・ヘネシーの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

そして、82分に4点目が生まれた。左サイドからのロングパスがエリア右付近で待つパブロ・サバレタに渡る。ヘディングで折り返したボールに中央で待つスターリングが左足で合わせ、豪快にゴールネットを揺らした。

ロスタイムに入り、このまま試合が終了するかと思われたが、最後にがFKからニコラス・オタメンディが追加点を奪い、マンチェスター・Cが5-0の勝利を飾った。

 

GOAL

最終更新:5/6(土) 22:29

GOAL