ここから本文です

ボルダリングW杯日本大会 野中&野口ともに準決勝進出

東スポWeb 5/6(土) 17:47配信

 スポーツクライミングのボルダリングW杯第4戦初日(6日、東京・エスフォルタアリーナ八王子)、女子予選が行われ、昨年のW杯総合2位の野中生萌(19=東京都連盟)が5つの課題全てを完登し、7日の準決勝に進んだ。過去4度、W杯総合優勝を果たしている野口啓代(27=茨城県連盟)も5つ中4つで完登し、準決勝進出を決めた。

 難しい課題も冷静に取り組み、予選グループ2組では唯一、全課題をクリアした野中は「ほっとしている。全体的に課題を難しく感じたのでクリアできて良かった」。大ベテランの野口は「とにかく緊張していた。日本のファンに応援してほしい気持ちだったので、頑張りたいと思った」と話した。

最終更新:5/6(土) 18:15

東スポWeb