ここから本文です

3敗目の中日・大野が二軍落ちへ「結果が全てです」

東スポWeb 5/6(土) 19:44配信

 リーグ最下位にあえぐ中日は6日の巨人戦(ナゴヤドーム)で投打に圧倒されて1―6と完敗し、今季ワーストの6連敗、借金はついに「10」に膨らんだ。

 先発・大野が6回途中9安打3失点と踏ん張れず、3敗目。今季6試合目の登板でも白星をつかめなかった左腕は「今日アカンかったら、次に投げるところがないという強い気持ちでいったが、こういう結果になった。結果が全てです」とうなだれた。

 森監督は「(今日は)なかなかチャンスらしいチャンスはなかった。投手が頑張っているときに点が取れず、点を取ったときに抑えられない。このチグハグをなくしていかないといけない」と渋い表情を浮かべた。

 その上で指揮官は大野の二軍落ちの可能性について「その通りです。(日程的に)時間があるからです」と、2年連続開幕投手を務めた大野の登録抹消を示唆した。

 そんな中で明るい材料は この日、昨年11月に左ヒジ手術を受けた2年目の小笠原が一軍復帰登板を果たしたことだ。

 1―3の8回に3番手で1回を1安打無失点に抑えた。森監督は「次は頭でいく準備をさせる。今日、小笠原がある程度投げられるということが分かれば、それも考えないといけない」と明かした。

 来週にも先発の可能性が出てきた小笠原は「先発するために戻ってきたので。1試合だけじゃなくてしっかりローテを守れるようにやっていきたい」ときっぱり。昨年のドラフト1位左腕が低迷する竜のカンフル剤となれるか。

最終更新:5/6(土) 19:48

東スポWeb