ここから本文です

オリックス・コーク 死球に帽子を取って「スイマセン」と日本語で謝罪

デイリースポーツ 5/6(土) 13:50配信

 「オリックス-日本ハム」(6日、京セラドーム大阪)

 オリックスの先発左腕、コークが、マウンド上で紳士ぶりを見せつけた。

 1点リードの三回1死から西川への初球がすっぽ抜けて背中への死球となると、助っ人らしからぬ行動に出た。

 「あっ」とグラブを口に当てながら申し訳なさそうな表情を浮かべると、左手で帽子を取って、「スイマセン」と日本語で謝罪。

 これには当てられた西川や、前日5日に右足首に死球を受けてスタメンから外れてベンチにいた近藤も笑顔を見せていた。

 もっともこの後には、松本の左前打で一、二塁とされ、矢野には左線への2点適時打を浴びて、西川が同点の、松本が逆転のホームを踏んだ。

 コークにとっても、痛い死球となってしまった。

最終更新:5/6(土) 17:18

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 20:45