ここから本文です

阪神のドラ6・福永、初先発は初回に2失点 制球力に乱れ

5/6(土) 14:44配信

デイリースポーツ

 「阪神-広島」(6日、甲子園球場)

 初登板初先発となったドラフト6位ルーキー、福永春吾投手(四国ILp・徳島)が初回に2点を失った。

 立ち上がりから制球が定まらず、先頭の田中に四球を与え、2番・安部に中越えの適時二塁打を浴びた。その後も3番・丸に四球、自身の暴投もあり無死二、三塁のピンチを招き、4番・鈴木に中犠飛を打たれた。

 続く5番・西川の当たりは三塁線のボテボテのゴロだったが、鳥谷がこれをファウルになると判断。スルーしたが、フェアと宣告され(記録は安打)、再び二、三塁に。

 6番・エルドレッドを二ゴロに仕留めるも、7番・野間に四球を与え2死満塁としたが、ここで8番・石原には低めに制球し、見逃し三振を奪って、このピンチを脱出した。

 二回には簡単に2死を奪ったが、安部に左前打で出塁を許すと、続く丸には右中間への5号2ランを浴びて失点。ルーキー右腕はマウンド上で汗をぬぐうしかなかった。

スポーツナビ 野球情報