ここから本文です

ボルダリングW杯日本大会 女子2トップ 野中2位、野口4位で準決勝へ

デイリースポーツ 5/6(土) 15:16配信

 「スポーツクライミング、ボルダリングW杯・東京大会」(6日、エスフォルタアリーナ八王子)

 東京五輪新種目決定後、初となる日本開催のW杯が開幕した。女子予選では、昨年のW杯総合ランキング2位の野中生萌(19)=東京都連盟=と、過去4度のW杯年間女王に輝いている野口啓代(27)=茨城県連盟=の日本のツートップが登場。野中は5つの課題を全てクリア、野口も4つをクリアし、7日の準決勝進出を決めた。

 東京出身の野中は「ちょっと緊張しました。自国開催でたくさん応援にもきてくれていたので。予選通って、ホッとしました」と安堵の笑み。「去年の日本開催は3位だったので、今年は優勝を狙っていきたい」と意気込んだ。

 野口は最終第5課題をクリアできず、「時間が足りなかった。4つクリアしてホッとしたのもあった」と苦笑い。「他の大会とは重みが違う。ここで結果を出したい気持ちは強い。とにかく今の自分の力を全部出し切りたい」と力を込めた。

最終更新:5/6(土) 15:28

デイリースポーツ