ここから本文です

阪神・福永、ほろ苦デビュー 4回6失点 「まだまだ力不足」

5/6(土) 16:16配信

デイリースポーツ

 「阪神-広島」(6日、甲子園球場)

 先発した阪神のドラフト6位・福永春吾投手が4回6失点(自責5)で降板した。

 立ち上がりから緊張のせいか制球が定まらなかった。カウントを悪くして、ストライクを取りにいった球を狙い打ちされた。丸に2ランを浴びるなど、ホロ苦なプロ初登板となった。

 さらに四回にはエルドレッドが放った強烈な打球を左手首付近に受けた。グラブごとはじかれたが、心配する周囲を振り切り続投。右翼スタンドからの「頑張れ」コールに応え、しっかりとイニングを投げ切った。

 福永は「初登板のマウンドで緊張もあって少し力みが出てしまいました。一つアウトを取れて落ち着いた部分はありましたが、全体的に1軍のバッター相手に投げるには、まだまだ力不足だと感じました」と振り返った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 18:35