ここから本文です

村田、20日王者決定戦へジャブテスト!

スポーツ報知 5/6(土) 7:04配信

◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA世界ミドル級王者決定戦 暫定王者・アッサン・エンダム―同級2位・村田諒太(20日、東京・有明コロシアム)

 ボクシング12年ロンドン五輪ミドル級金メダリストでWBA同級2位の村田諒太(31)=帝拳=が5日、積極的にジャブをテストした。この日は都内のジムで同級暫定王者(1位)アッサン・エンダム(33)=フランス=との王座決定戦(報知新聞社後援)に向け、2人のパートナーを相手に6回のスパーリングを消化。パートナーがパトリック・デイ(米国)の時は左ジャブを多く放った。

 村田は「パトリックから『ジャブがうまいのになぜ出さないの?』と言われて考えた」と説明した。エンダムは前戦で相手のジャブに合わせて初回22秒KO勝ち。そのため、あまり使っていなかったというが「コンビネーションの最中や打ち合いでは危ないが、先手か後手ならいいかなと思った。あまり固執することなく使えればいい」とさまざまな引き出しを試している。

 もちろん、ジャブの他にも前に圧力をかけながらワンツーやボディー攻めなども披露。それでも「もっと肩回りの自由がきいていれば良かった。及第点」と相変わらず自らに厳しい。だが、既に減量に入っている段階でも動けており「その割にはよかった」と手応えもつかんでいた。(三須 慶太)

最終更新:5/6(土) 7:04

スポーツ報知