ここから本文です

非公認ながら“マラソン世界記録超え” キプチョゲが2時間0分25秒をマーク

スポーツナビ 5/6(土) 14:51配信

 フルマラソンの2時間切りを目指すプロジェクト「ブレーキング2」のトライアルレースが6日、イタリア・モンツァのレース場「アウトドローモ・ナツィオナーレ・モンツァ」の周回コース(1周2.4キロ)で行われ、リオデジャネイロ五輪男子マラソン金メダリストで、世界歴代3位となる2時間3分5秒の記録を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、2時間0分25秒でゴールした。非公認レースのため、公式記録とはならないが、2014年にデニス・キメット(ケニア)がマークした2時間2分57秒の世界記録を2分32秒上回った。

 「ブレーキング2」は、スポーツ用品メーカーのナイキが実施するプロジェクト。キプチョゲに加えて、ハーフマラソンの世界記録(58分23秒)保持者のゼルセナイ・タデッセ(エリトリア)、フルマラソンで2時間4分45秒の自己記録を持つレリサ・デシサ(エチオピア)の3人のトップランナーが参加した。スピードを維持するために数名のペースメーカーが途中で入れ替わりながら走行したほか、給水は選手の減速を最小限に抑えるために手渡しするなど、特殊な方法が採用された。

 3選手は3月にも同コースでハーフマラソンの距離でテストランを行っており、キプチョゲが最速の59分17秒で走っていた。

最終更新:5/6(土) 21:19

スポーツナビ