ここから本文です

DeNAが延長制し、勝率五割復帰 柴田がサヨナラ打

5/6(土) 18:21配信

デイリースポーツ

 「DeNA6-5ヤクルト」(6日、横浜スタジアム)

 DeNAは延長十一回、先頭の高城が左前打で出塁。1死後二塁とし、柴田が中越えへサヨナラ二塁打を放った。最大5点差をひっくり返したDeNAは3連勝で、勝率を五割に戻した。

 5点を追う八回。無得点に抑え込まれていたヤクルトの先発・小川に襲いかかり、倉本のタイムリーで1点を返し、なおも1死満塁。ここで打席に入った梶谷が145キロの直球をライナーで右翼席へ運んだ。値千金の7号同点満塁本塁打で、延長に突入した。

 ヤクルトは初回、山田の2試合連続となる4号2ランで先制。七回には無死一、三塁から野選と坂口の2点適時打を放ち、3点を追加し、優位に進めながら、小川が突如、崩れた。ヤクルトは4連敗。