ここから本文です

川岸史果、痛恨のダブルボギーも首位と1打差2位

デイリースポーツ 5/6(土) 22:03配信

 「女子ゴルフ・ワールド・サロンパス・カップ・第3日」(6日、茨城GC西C=パー72)

 川岸史果(22)=加賀電子=にとっては悔いの残るラウンドとなった。9番でバンカーからの第3打を反対側のバンカーに入れてダブルボギー。「朝から風が吹いていて、ラフからのショットが難しかった」と疲れた表情で話した。

 それでも通算5アンダーで、首位のキム・ハヌルと1打差の2位。最終日は最終組で熱望していた世界ランク5位トンプソンとの直接対決が実現し、「今からワクワクしています」と笑顔を見せた。

 怪物と呼ばれた父・良兼譲りの豪快ゴルフで、残り18ホール、攻撃あるのみだ。

最終更新:5/6(土) 22:05

デイリースポーツ