ここから本文です

【阪神】プロ初登板初先発の福永、4回6失点のホロ苦デビュー「まだまだ力不足」

スポーツ報知 5/6(土) 16:53配信

◆阪神―広島(6日・甲子園)

 プロ初登板初先発した阪神のドラフト6位・福永春吾投手(22)=四国IL・徳島=は、4回10安打6失点でホロ苦のデビュー戦となった。

 初回に3四球を与えるなど制球を乱し2失点。さらに2回は1死一塁から丸に右翼席へ5号2ランを浴びるなど5回を持たずに降板となった。昨年の覇者に力負けした右腕は「初登板のマウンドでしたし、緊張もあって少し力みが出てしまいました。一つアウトを取れて落ち着いた部分はありましたが、全体的に1軍のバッター相手に投げるには、まだまだ力不足だと感じました」とコメントした。

最終更新:5/6(土) 16:54

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 7:35