ここから本文です

稀勢の里「ゆず」のサプライズ祝福に「ここまで応援してくれた方々のおかげ」

スポーツ報知 5/6(土) 18:36配信

 大相撲の第72代横綱・稀勢の里(30)=田子ノ浦=の横綱昇進披露宴が6日、都内のホテルで行われ、人気フォークデュオの「ゆず」がサプライズゲストで登場。出席した約1500人の前でヒット曲の「栄光の架橋」を歌い上げ、19年ぶりの日本出身横綱の門出を祝った。

 関係者によると、ゆずの登場は稀勢の里本人にも知らされてなかったという。「横綱が取組の前にゆずさんの曲を聞いていたと田子ノ浦親方が聞いて、事務所に頼んだそうです」(関係者)という正真正銘のサプライズだった。

 披露宴の最初に「今日は最後にサプライズがありますので、最後まで帰らないようにしてください」と念押ししたのは、司会を務めたNHKの刈屋富士雄アナウンサー。2004年アテネ五輪で体操男子団体が28年ぶりに金メダルを獲得した際に「伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ」とテレビ放送史に残る実況をしており“栄光の架け橋”コラボで祝福した。

 心憎い演出を受けた稀勢の里は「本当にここまで応援してくれた方々のおかげだと思っている。そういう人たちに感謝の思いを伝えたい」と笑みを浮かべながら喜びを語った。会場では新たな化粧まわし3組も公開。稀勢の里が初日でつける予定の漫画「北斗の拳」の化粧まわしの前で記念撮影も行われた。

最終更新:5/7(日) 8:55

スポーツ報知