ここから本文です

【楽天】打線組み替えで前日の今季最少3安打から最多20安打へ打線爆発!

スポーツ報知 5/6(土) 18:50配信

◆西武2―10楽天(6日・メットライフドーム)

 打線を組み替えた楽天が、今季最多20安打の猛攻で10点を奪い、快勝した。

 前日の5日には今季最少の3安打に抑え込まれた楽天打線が初回から爆発した。開幕から全試合で4番に座っていたアマダーを先発から外し、4番にはウィーラーを起用。3番には島内、6番には21試合ぶりのスタメンとなる聖沢を置くオーダーを組んだ。すると初回にペゲーロ、島内、ウィーラーの3連打、さらには聖沢、岡島の連続タイムリーで打者一巡。5安打を集めて5点を先制した。

 2~5回はランナーを出しながら追加点を奪えずにいたが、6回以降は島内の4号2ランなどで小刻みに得点を奪った。ペゲーロ、島内、ウィーラー、聖沢、足立の5人が猛打賞。先発した美馬も8回4安打2失点で、流れを渡すことはなかった。西武先発右腕・野上に対して左打者を7人並べたオーダーがピタリとハマり、梨田監督も「たまたまかも知れないけど、うまく左打者が機能してくれた」とうなずいた。

最終更新:5/6(土) 19:28

スポーツ報知