ここから本文です

【東京六大学準硬式】立大が先勝

スポーツ報知 5/6(土) 19:08配信

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 立大2―1法大(6日・府中市民球場)

 優勝争いを大きく左右する一戦。立大が接戦を制して初戦をモノにした。法大は初回、萩原幹人(4年=報徳学園)の安打を足がかりに犠打で2死二塁の好機をつくると、栗田和憲(4年=掛川西)の適時打で1点を先制。追う立大は4回、上原和人(2年=日大二)の安打と敵失で1死二塁の好機をつくり、4番・柴純平(3年=栄東)の中越え二塁打で同点に。延長戦もみえた9回、先頭の5番・遠山雄大(3年=掛川西)が左越え本塁打を放ち勝ち越し。先発の森田崇太郎(3年=立教新座)が9回1失点の好投で接戦をモノにした。

 立大・遠山雄大「3試合ぶりのスタメンで期待に応えたかったです。打席では無心で打った結果、ホームランになって良かった」

 立大・森田崇太郎「なんとしても勝ちたいという気持ちで臨んみました。3年生が多く出ているので、先輩たちのためにも何が何でも優勝したいです」

最終更新:5/6(土) 19:26

スポーツ報知