ここから本文です

スーパーマラドーナ武智、上方漫才大賞会見で借金明かされ「怒られに家に帰ります」

スポーツ報知 5/6(土) 20:55配信

 「第52回上方漫才大賞」発表会が6日、大阪・西区のオリックス劇場で行われ、奨励賞を受賞し、賞金150万円を手にしたスーパーマラドーナが直後に“悲劇”に見舞われた。

 ツッコミの武智正剛(38)は受賞の喜びを問われ、司会の大平サブロー(61)から「借金もあるしなあ」とふられたが、実は妻には内緒で相方の田中一彦(39)から借りていたもの。その後、エンディングで再び舞台に登場し、「嫁に内緒だったんで、メールでカンカンです。怒られに家に帰ります」と肩を落とした。

 武智によると「飲み代とかに『貸せ』って財布を出させて。無利子無担保そうだったので借りました。前に吉本に借りて一括で返すって言ったんですが、別にいいよって言われたんでそのままに」と、この日披露したネタ同様に、まるでカツアゲするかのように相方に借金しており、はっきりした額は明かさなかったが数十万単位だという。「賞金が入ったのでそれで返します」と苦笑いだった。

 昨年3月に結婚した田中は「奥さんにあまりいい思いをさせていないので、賞金で(自分の)生命保険のランクを上げたい。今は月5000円の掛け捨てなんで、もう少しいいランクのやつにしてあげたい」と、相変わらず破壊力のある謎のコメントで喜びを表現。ちなみに、武智に貸している金については妻は知っており「早く返してもらってきて」と言われていると催促されているという。

 昨年は銀シャリが同賞を受賞し、その勢いで昨年末の「M―1グランプリ2016」優勝へとつなげて飛躍した。「今年もあるならエントリーします。今年は自信あります」と言い切った武智。8月30日には東京・新宿の「ルミネ the よしもと」で単独ライブを開催予定。この賞を弾みに、一気に飛躍の年にする。

最終更新:5/18(木) 17:23

スポーツ報知