ここから本文です

【Bリーグ】秋田ノーザンハピネッツ、逆転負けで残留PO行き決定

スポーツ報知 5/7(日) 8:03配信

◆プロバスケットボールB1リーグ第32節 A東京83―80秋田ノーザンハピネッツ(6日・CNAアリーナ★あきた)

 東地区5位で18チーム中15位の秋田ノーザンハピネッツは、ホームで同地区2位のアルバルク東京と対戦し、80―83で敗れた。別会場で滋賀レイクスターズが勝ち、全体14位を確定させたため、秋田の残留プレーオフ(PO、12~14日、2勝先勝方式)行きが決まった。東地区最下位で全体18位の仙台89ERSは、同地区優勝を既に決めている栃木ブレックスを69―64で破り、連敗を10で止めた。

 秋田は、最後に力尽きた。センターのスコット・モリソン(31)を中心に、一時は10点リードしたが、相手シューティングガードのディアンテ・ギャレット(28)の個人技で盛り返され、残り1分26秒で逆転された。レギュラーシーズンは残り1戦。長谷川誠ヘッドコーチ(46)は「試合前に(残留PO行きが)分かり、気持ち的に厳しい中でよくやってくれた。最後は勝ってPOにつなげたい」と前を向いた。

最終更新:5/7(日) 8:03

スポーツ報知