ここから本文です

破天荒過ぎる!昭和の銀幕スターあるある

5/6(土) 10:00配信

オリコン

 共通の経験や環境に基づく爆笑&驚愕の知られざる“あるある”話を披露するテレビ朝日系『こんなところにあるあるが。土曜 あるある晩餐会』(毎週土曜 後9:58~10:59)。6日放送回のトークテーマは、「今の映画界ではあり得ない!?破天荒過ぎる!昭和の銀幕スターあるある」。伊吹吾郎、梅宮辰夫、谷隼人、千葉真一、三田佳子ら、平均年齢75歳の大御所俳優がゲスト出演する。

【場面写真】支配人役の今田耕司、副支配人役の指原莉乃

 「今では考えられない衝撃のシーン」ブロックで、スタントマンでさえ断った命がけの撮影に役者が臨んでいたネタを持ち込んだのは、千葉。日本映画界発展のためにとの思いから、1970年の映画『やくざ刑事』で50人ものスタントマンが断ったアクションシーンに、自ら挑んだエピソードを披露する。また、1968年から放送されたテレビドラマ『キイハンター』出演の谷隼人も、死を覚悟した撮影があったと発表。はたして、それがどれくらい危険なことだったのか、衝撃のシーンを当時の映像で振り返る。

 「今では考えられない撮影の裏話」ブロックでは、1973年にシリーズ第1弾が公開された映画『仁義なき戦い』で行われていた隠し撮りに関する裏話を伊吹が発表。今と昔の大きな違いにスタジオは驚きに包まれる!

■先取り“あるある”
【命知らずのアクション】
・千葉真一:飛んでいる車が海に落ちる前に、車から飛び出す。というスタントマンが断ったアクションを自らが命がけで演じた!
・谷隼人:命綱無しで死にかけるスタントに毎週挑戦!
・全員:命知らずのエピソードが、すご過ぎてうそに聞こえてしまう。

【破天荒な撮影】
・当時は駅のホームだろうが無許可で隠し撮りしまくっていた!(許可が下りるわけないから、という理由で強行撮影していた!)
・撮影のペースが速すぎる!(4年で16作品も作られた作品や、同じシリーズを1年に3本撮影した作品も)
・今ではありえない珍映画下半身を斬ると金の玉が飛び出すというとんでもない演出の作品も…。

【伝説の俳優たちの素顔】
・当時一番モテたのは梅宮辰夫だ!

最終更新:5/6(土) 10:00
オリコン