ここから本文です

【阪神】球団史上最多9点差逆転で単独首位 金本監督「初めて。まさか逆転するとは…」

スポーツ報知 5/7(日) 6:04配信

◆阪神12―9広島(6日・甲子園)

 阪神が球団史上最多となる9点差の大逆転劇を演じ、昨年4月8日以来の単独首位に浮上した。5回表終了時点で0―9だったが、6回に一挙7得点で1点差に。7回は二塁走者の江越が同点のホームを突いたが、リプレー検証の末、判定が覆りアウトとなった。しかし、2死一、二塁から試合再開後、糸原、梅野の連続適時打で逆転。チームは4連勝で今季最多の貯金を7に伸ばした。

【写真】まさかの大逆転劇に笑顔の金本監督

 金本監督は両手をたたき、言葉にならない叫び声を上げていた。球団史上最大となる9点ビハインドからの逆転劇で単独首位に浮上した。「僕も長い間、プロ野球界にいますけど、9点差をひっくり返したというのは初めてですね。お客さんに申し訳ない気持ちでいっぱいで、何とか盛り上がるシーンをと思っていたんですけど、まさか逆転するとは」。誰もが敗戦を覚悟した展開で、奇跡的な結末が待っていた。

 ぬか喜びを本物の歓喜に変えた。6回に高山の走者一掃の適時三塁打などで1点差まで迫った。さらに7回1死一、二塁。鳥谷の二ゴロが広島・西川の失策を誘った。白球が二塁ベース付近を転々とする間に、二塁走者の江越がヘッドスライディングでホームに突っ込んだ。真鍋球審の判定はセーフ。しかし、大歓声に沸く甲子園をじらすようにリプレー検証が行われ、15分もの中断の末に判定はアウトに覆った。

 指揮官は「最初はエーッという感じでしたけど、その後、糸原がよく打ってくれた。梅野も素晴らしい打撃。(リプレー検証で)流れが止まったと思ったけど、その流れに逆らってくれた」と賛辞を贈った。再開後の2死一、二塁から糸原が右前へ同点適時打。続く梅野が右中間を破る2点三塁打を放ち、ついに勝ち越した。梅野は「中断は長かったけど、気持ちを切り替えていけた」と振り返った。

 9点差以上の逆転劇は、プロ野球史上でも9度目となる快挙だ。ウィニングボールは勝利投手の高橋ではなく、球場に隣接する甲子園歴史館に贈られた。今季最多の貯金7としても、金本監督は「今日みたいな勝ちは自信にして、絶対に慢心おごりはないように。明日は明日で気を引き締めてピリッとしたプレーをする」と最後はカブトの緒を締めた。球団史に残る白星を本当の伝説に変えるには、12年ぶりのリーグ制覇を果たすしかない。(表 洋介)

最終更新:5/7(日) 8:33

スポーツ報知