ここから本文です

【阪神】リプレー検証の15分間中断が大逆転劇の“引き金に”

スポーツ報知 5/7(日) 6:04配信

◆阪神12―9広島(6日・甲子園)

 阪神が球団史上最多となる9点差の大逆転劇を演じ、昨年4月8日以来の単独首位に浮上した。5回表終了時点で0―9だったが、6回に一挙7得点で1点差に。7回は二塁走者の江越が同点のホームを突いたが、リプレー検証の末、判定が覆りアウトとなった。しかし、2死一、二塁から試合再開後、糸原、梅野の連続適時打で逆転。チームは4連勝で今季最多の貯金を7に伸ばした。

【写真】まさかの大逆転劇に笑顔の金本監督

 劇的な逆転ドラマの“引き金”となったのは、7回の15分に及ぶ中断劇だった。頭から本塁に突っ込み、広島・石原のタッチをかわしたようにも見えた江越は「自分でいけると思って、セーフの自信があった。触られていないとは思ったんですが、判定は仕方がない」と振り返った。

 三塁コーチを務める高代ヘッドコーチは腕を回していなかったが、その場面の記憶が飛んでいるという。中断中も頭を抱え、地面に膝をついていた。「自分でも(回したかを)覚えていない。もう祈るしかなかった。アウトになったけど、江越は自分で打球を見て突っ込んだのは褒めてやりたい」と安どの笑顔を見せた。

 責任審判の真鍋球審は、判定の詳細については説明しなかった。「結果が出るまでにあれだけ時間がかかった。それだけです」とリプレーの確認も困難を極めたことをにおわせていた。

最終更新:5/7(日) 8:33

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 9:40