ここから本文です

合戦を模擬体験 南相馬でサムライフェス

5/6(土) 10:37配信

福島民報

 福島県相双地方に根付く武者文化を発信する「第3回サムライフェス in南相馬」は5日、南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で開かれた。約1500人が来場し、模擬合戦などで盛り上がった。
 実行委員会の主催で地元高校生や地元出身の大学生らが中心となって運営している。模擬合戦は「相馬」「伊達」の2軍営に分かれて行った。互いにやりを持ち、大将を討ち取った側が勝利するルールで、参加者は気迫十分にぶつかり合っていた。模擬合戦を前に、南相馬サムライフェス芝居組による芝居「好敵手」が披露された。
 宝財踊り、相馬流れ山踊りなどの伝統芸能披露、甲冑(かっちゅう)競馬、乗馬体験、こども合戦なども繰り広げられた。

福島民報社

最終更新:5/6(土) 11:03
福島民報