ここから本文です

【神戸】連敗3で止める引き分け…大森が先取するも

スポーツ報知 5/7(日) 0:08配信

 ◆明治安田生命Jリーグ J1第10節 神戸1―1広島(6日・エディオンスタジアム広島)

 神戸は今季初の引き分けで連敗を3で止めた。

 前半32分、MF大森晃太郎(25)の今季3ゴール目で先取したが、後半7分に広島のMFアンデルソン・ロペス(23)に今季初得点を許して追いつかれた。

 今季の公式戦で無得点の主将・渡辺千真(30)がリーグ戦で初めて先発を外れ、最近4試合で合計2ゴールと得点力不足は深刻だ。ネルシーニョ監督(66)は「チャンスの割に1点だけ。両チームの試合を見て考えると妥当な結果。勝ち点1を取って帰るのが最低条件」と冷静に試合を振り返った。

 大森は「チャンスがある中で決めきれていないことが勝ちにつながっていない要因だと思う。失点はもったいなかったし、追加点も取れた試合だったと思う」と満足感はなかった。

最終更新:5/7(日) 0:08

スポーツ報知