ここから本文です

【GOLF】日没で第2Rは順延決定 石川、予選通過は絶望的

5/6(土) 10:51配信

ISM

 米男子ツアーのウェルズ・ファーゴ選手権は現地時間5日、ノースカロライナ州のイーグルポイントGCを舞台に第2ラウンドの競技を行ったものの、日没サスペンデッドが決定。石川遼が暫定152位タイに沈む中、フランセスコ・モリナリ(伊)、ビリー・ハーレーIII(米)ら4人が暫定首位タイに立っている。

 単独首位発進のモリナリは、インスタートのこの日、10番からボギーを叩くなど、1つスコアを落として迎えた後半2番終了後に順延が決定した。3アンダー69とスコアを伸ばしたハーレーIII、ジョン・ピーターソン(米/12ホール終了)、シェイマス・パワー(アイルランド)らとともにリーダーボードの最上段で2日目の競技を終えている。

 その他上位陣は、トップタイと1打差の暫定5位タイにボーン・テイラー(米)、ジョン・ラーム(スペイン)、ブライアン・ハーマン(米)、ラファエル・カブレラ-ベロ(スペイン)、グレイソン・マレー(米)、スマイリー・カウフマン(米/15ホール終了)、ベン・マーティン(米/15ホール終了)と続く。

 その他、フィル・ミケルソン(米)は、イーブンパー72でホールアウトし、通算1アンダー暫定34位タイ。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米/13ホール終了)は2つスコアを落とし、アダム・スコット(豪/14ホール終了)らと通算イーブンパー暫定46位タイに並ぶ。

 一方、初日に4オーバー76の134位タイと大きく出遅れた石川は、1番パー4からダブルボギーを叩く。2番でもスコアを落とした後、4番からは3連続ボギーを喫するなど、前半だけで5つスコアを落とす。後半も10番パー3で5パットを要し、トリプルボギーとするなど、スコアメイクに苦しむ。後半17番終了後にサスペンデッドが決定し、通算13オーバー暫定152位タイと2試合連続の予選通過は難しい状況になっている。

 なお、第2ラウンドは現地時間6日土曜日の午前7時30分より再開される。

最終更新:5/6(土) 17:59
ISM