ここから本文です

新緑に粉雪、ヒトツバタゴ見頃 岐阜市

岐阜新聞Web 5/6(土) 8:40配信

 岐阜市金町の金神社の境内でヒトツバタゴの花が見頃を迎え、粉雪のように新緑を覆った白い花と青空のコントラストが、参拝者の目を引いている。
 モクセイ科の落葉樹で、「ナンジャモンジャ」の名称でも知られる。1988年の神社建て替えの時に造園業者が奉納したもので、高さ8メートルまで育った。例年4月末から5月初旬に粉雪が積もったように無数の白い小花を付ける。
 同神社によると、今年は例年より1週間ほど遅く開花。来週中ごろまで楽しめるという。

岐阜新聞社

最終更新:5/6(土) 10:23

岐阜新聞Web