ここから本文です

母への愛いっぱい 岐阜市の農家でベゴニア出荷

岐阜新聞Web 5/6(土) 8:41配信

 岐阜市岩利の園芸農家で、花の需要が高まる「母の日」(14日)に向けて、リーガースベゴニアの出荷が最盛期を迎えている。
 リーガースベゴニアは南米原産のシュウカイドウ科の花。花の直径は約5センチで、一鉢に15~20輪ほどの花をつける。
 フローラシマベではビニール温室約7500平方メートルで、赤や黄色など、色とりどりの約15種類を栽培し、母の日に向けて約12万鉢を全国のホームセンターや花店に出荷する。
 同社取締役の島部貴文さん(32)は「色が豊富で、花もちも良く贈り物にお薦め」と話している。

岐阜新聞社

最終更新:5/6(土) 10:24

岐阜新聞Web