ここから本文です

手製わらじで10キロ踏破 五ケ瀬中等校生が遠足

5/6(土) 14:33配信

宮崎日日新聞

 五ケ瀬町の五ケ瀬中等教育学校(川越浩校長、233人)は4月28日、手製のわらじを履いて歩く「わらじ遠足」を行った。鎌倉時代から本県と熊本県を結んだ古道「日向往環」を含む全長約10キロの道のりに生徒と教職員が挑戦。暮らしの知恵や先人の苦労に思いをはせながら、遠足を楽しんだ。

宮崎日日新聞

最終更新:5/6(土) 14:33
宮崎日日新聞