ここから本文です

SUVが盛りだくさん!レクサス NXやホンダ CR-V ハイブリッドなど、上海ショーで注目の新型モデル

オートックワン 5/6(土) 11:10配信

4月12日からのニューヨークオートショーに引き続き、翌週19日からは中国でモーターショーが開催されました。

【画像】レクサス NXやホンダ CR-Vハイブリッドなどの写真を見る

中国のモーターショーは北京と上海で交互に開かれており、今年は上海での開催となりました。

上海モーターショーでは、中国ならでは(!?)のパクリカーも数多く展示されていましたが、ここでは国産車の注目車種を紹介します。

【レクサス NX】
レクサスのコンパクトクロスオーバーSUV「NX」のマイナーチェンジモデルが発表されました。

新型NXは、エクステリアデザインがさらに進化して、洗練された力強さを表現。フロントバンパーをより鋭く低重心な造形として、さらにスピンドルグリルをLXやRXとの共通性をもつデザインとすることで、レクサスのSUVとしての個性を押し出しています。

インテリアは一層の質感向上を図るとともに、先進装備を充実させて、快適性・利便性を高めました。

さらに、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用し、安全運転支援の強化し、より安全なSUVになりました。

なお、新型NXの国内発売は、2017年秋頃の予定です。


【ホンダ CR-V ハイブリッド】
2016年10月にすでに北米で発表・発売された5代目ホンダ CR-Vですが、上海モーターショーではハイブリッドモデルが世界初公開されました。

今回公開されたCR-V ハイブリッドは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド) i-MMD」を搭載し、力強い走行性能と優れた環境性能を両立しました。

さらに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」をはじめ、充実した装備を採用しています。

CR-Vは、1995年の初代デビューから、モデルチェンジごとに大型化し、3代目以降はミドルサイズSUVに昇格しています。

ボディサイズも初代と5代目を比べると、全長は+200mm、全幅は+約100mmと拡大。5代目モデルはCR-V史上最大のボディサイズとなっています。

中国では2017年後半の発売を予定しているのですが、日本では2016年9月に4代目CR-Vがに販売を終了して以降、残念ながら未だ新型モデルは販売されていません。


【日産 キックス】
日産はコンパクトクロスオーバーのキックスを上海モーターショーで公開し、中国の若者向けに発売します。

「日産 キックス」というと、三菱 パジェロミニのOEM車である軽自動車を思い浮かべる方もいるかもしれないですが、今回中国で公開されたキックス(KICKS)は、ジュークとエクストレイルの中間位置づけとなるSUVなのです。(軽自動車のキックスは「KIX」)

キックスは、2016年にブラジルでの発売を皮切りに、中南米各国で順次発売されています。

革新的なクロスオーバーとして、中南米ではすでにいくつかの賞を受賞しています。

中国ではコンパクトSUVの成長が著しく、特に若者の間で人気があるそうです。

キックスは、フレッシュで若々しいデザインと広々として快適なインテリアで、ターゲットとなる1990年以降に生まれた若い世代にアピールするするにはもってこいのモデルということです。


【スズキ SX4 Sクロス】
スズキはCセグメントクロスオーバー車の新型SX4 Sクロスを公開しました。

新型SX4 Sクロスは、フロント周りが大幅に刷新されました。(ネットでは「BMWに似てる」という声も。。。)

新型SX4 Sクロスのパワートレインは、1.0リッター・1.4リッターブースタージェットエンジンと、日本にはない1.6リッターDDiS ディーゼルエンジンの2種類に、6AT/5MT/6TCSSのトランスミッションが組み合わされます。

駆動方式は2WDとALLGRIP(4WD)が用意されています。

新型SX4 Sクロスは、中国の合弁企業である重慶長安鈴木汽車有限公司が生産・販売を行い、2017年中に中国国内に順次投入する予定となっています。

最終更新:5/6(土) 11:10

オートックワン