ここから本文です

54歳の誕生日に背番号54が活躍 ホークス工藤監督「集中力の賜物ですね」

5/6(土) 7:10配信

Full-Count

試合前に活躍を期待「(デスパが)今日も打ってくれたら嬉しい」

 監督54歳の誕生日に、背番号54が起死回生の同点2ラン――。絵に描いたようなバースデープレゼントにソフトバンク工藤監督は最高の笑顔を見せた。

期待の若手を多数輩出、ソフトバンクここ10年のドラフト指名選手一覧

「子供の日」の5日に54歳の誕生日を迎えた指揮官。ロッテ戦の試合前、報道陣からプレゼントされたバースデーケーキを前に「(54番のデスパイネが)今日も打ってくれたら嬉しい」と語っていたが、その願いが嘘のように実った。

 0-2と敗色濃厚の9回に先頭内川が歩いた。マウンドにはロッテの守護神益田。打席に立ったデスパイネは、かつてのチームメート涌井に見送り三振、投ゴロ併殺、投ゴロと、3打席を完璧に抑えられていた。

 だが、9回に目覚めた。カウント0-1からの2球目、122キロの甘く入ったスライダーを見逃すはずはなかった。左翼席へライナー性で飛び込む7号同点2ラン。「まっすぐか、カット(ボール)を狙っていたが、監督の誕生日にプレゼントできた。打った瞬間完璧なあたり」と自画自賛したが、子供の日でちびっこファンで埋まった2万7000人の古巣スタンドは、悲鳴と歓声が複雑に交錯した。

 デスパイネに続いて、上林にも決勝アーチが飛び出し、ソフトバンクは5連勝。「ホームランの力を改めて思い知らされました。集中力の賜物ですね」と、試合後の工藤監督は、しみじみ語っていた。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

最終更新:5/6(土) 7:10
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 16:35