ここから本文です

侍のレガシー 小林誠司

5/6(土) 11:31配信 有料

スポーツ報知

◆プレッシャーで体重5、6キロ減 日本の重み手汗がバーッ

 小林誠司捕手(27)が、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で大ブレイクした。全7試合に先発出場し、扇の要として大活躍。守っては強肩を発揮し、体を張って投手陣を鼓舞した。打ってもチームトップの打率4割5分をマークし一躍、「日本の正捕手」に躍り出た。(インタビュー取材日・4月3日)取材・構成=吉田智美(編集部)

 ―最高のスタートになりました。

小林 そうですね。よかったです(ニコニコ)。思ったよりいいスタートが切れて、個人としても、僕はそんなに(よくはない)ですけど、みんないいスタートが切れたと思います。

 ―WBCで、1か月以上チームを離れましたが、その影響は?

小林 僕の中では、特にないです。

 ―開幕2戦目には、新人の谷岡、池田投手がデビュー登板。ルーキーとの意思疎通は?

小林 色々話もできていますし、細かいことでも何でも言ってきてくれたらいいと思っているので、そういうことも話してきてくれるから大丈夫かな?と思います。

 ―それにしても、WBCを経て、ずいぶん痩せましたね。

小林 痩せました…。5、6キロ。おかげさまで(苦笑)。本文:4,939文字 この記事の続きをお読みいただくには、月刊ジャイアンツの購入が必要です。

  • 通常価格:
    360円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    308円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5/6(土) 11:31
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報