ここから本文です

ペットを飼うならだんぜんインコ! 小さくても命を救ってくれるほどの賢さ

5/6(土) 8:11配信

ギズモード・ジャパン

ペットをお探しの方に朗報です。

日本の省スペースな居住空間に適していて、散歩がいらず、スキンシップも楽しめてお利口さんなペットなら、だんぜんインコですよ。

空前の猫ブームなんかに乗せられちゃいけません。猫は間違いなくかわいいけど、マイペースなのが玉にキズ。エサを欲しい時や、寒い時ぐらいしか寄ってきません。だいたい、インコのほうが賢いし、ケンカにも強いってご存知でしたか?

ひと昔前までは「インコ」と言えばよく学校や幼稚園で飼われてた黄緑や空色のセキセイインコや、赤いほっぺが愛らしいオカメインコなどでしたが、最近のペット事情は進化していて色々な種類のインコを飼えるようです。

そんななかでもオキナインコは小さいけれど知能が高いと注目されている種類。ちょっとした芸や言葉を覚えるし、性格もおだやかで飼い主によくなついてくれるそうです。こちらは日本のオキナインコ界のアイドル「ピーちゃん」です。

かわいい顔をしてますけど、オキナインコの実力はすごいんです。PETSladyによれば、アメリカのコロラド州デンバーに住むメーガンさんは、なんとペットのオキナインコに赤ちゃんの命を救ってもらったそうです。メーガンさんと親友のサマンサさんは学生同士でルームメイト。サマンサさんには2歳の娘のハンナちゃん、メーガンさんにはオキナインコの「ウィリーくん」が家族でした。サマンサさんが授業に出ている間はメーガンさんがハンナちゃんを預かっていたそうです。

いつもと変わらないある朝、事件は起こりました。サマンサさんは大学の授業のため留守。ハンナちゃんがテレビアニメに見入っている間、メーガンさんはキッチンでハンナちゃんの大好きなおやつを用意していました。アツアツのおやつをキッチンテーブルに置いて冷ましながら、メーガンさんはハンナちゃんの様子をチェックしてからすばやくトイレに駆け込みました。すると30秒も経たないうちに突然オキナインコのウィリーくんのけたたましい声が響き渡ったそうです。「明らかに異常なかんじで、急に狂ったように叫びだしたの」と当時の状況を振り返るメーガンさん。そして、ウィリーくんの口からはっきりと二つの言葉を聞き取りました。

「Mama! Baby!(ママ!赤ちゃん!)」

なんども、なんども。メーガンさんがあわてて駆けつけると、ハンナちゃんがキッチンテーブルによじ登っておやつにかじりついているのを発見しました。顔が真っ青で、息ができずに苦しそうにもがいています。おやつをのどに詰まらせたと判断したメーガンさんは急きょハイムリック法で対処し、ハンナちゃんは無事、命をとりとめたそうです。

驚くべきことに、ウィリーくんはそれまで「ママ」という言葉を話したことはあったものの、「赤ちゃん」という言葉と一緒に使ったことはなかったそうです。さらに、その事件以降、また「ママ」と「赤ちゃん」をつなげて発することはありませんでした。

インコはまだまだすごいんです。ヨウムと呼ばれる大型インコの仲間は知能的に最も優れているそうで、BBC newsroundによれば飼い主に火事を知らせて命を救ったヒーローもいるそうです。

賢さに加えてこのかわいさ。人には言えない悩み事とかも聞いてくれそう。もう、だんぜん、ペットにはインコをおすすめします。

image: Iakov Filimonov / Shutterstock.com, GaevoyB / Shutterstock.com, Lori Martin / Shutterstock.com
source: BBC newsround, PETSlady, mihaifrancu / YouTube, 石川智恵子 / YouTube
reference: 1, 2, 3, 4, ペット生活
(山田ちとら)

Yahoo!ニュースからのお知らせ