ここから本文です

NATCHIN率いる21g、DRAGON GATE土井・吉野の新ユニットのテーマ曲提供

MusicVoice 5/6(土) 19:50配信

 SIAM SHADEのベーシスト・NATCHINが率いるロックバンドの21g(トゥエンティワン・グラムス)が、プロレス団体・DRAGON GATE(ドラゴンゲート)の土井成樹・吉野正人両選手を中心に結成されたユニット・MaxiMuM(マキシマム)のテーマ曲を提供した。

 テーマ曲として使用されるのは、3月21日に配信限定でリリースされた通算6枚目シングル「1st FINGER」。

 きっかけは、2016年の初め。DRAGON GATEの入場曲を制作しているプロデューサーから依頼を受け、NATCHINが、鷹木信悟選手を中心とするユニット・VERSERK(ヴェルセルク)のテーマ曲「WOLFISH SOLDIER」のベースを弾いたこと。

 NATCHINはその頃から頻繁に試合会場に足を運ぶようになり、DRAGON GATEの魅力にハマっったという。> そんな中、そのプロデューサーより、「近々新しいチームが出来る可能性があるので、そのチームのテーマ曲をして頂けませんか?」との依頼を受け、そこで、21gのボーカリストで作詞・作曲をおこなっているGenoに「入場曲を意識した曲を書い欲しい」と伝え、「1st FINGER」が誕生。ライブを重ねるごとにアレンジを加え、入場曲として使用されるタイミングを伺っていたという。

 しかし、その新チームの中心人物になるであろう吉野正人選手が怪我で数カ月に渡り欠場。そのため、同曲がテーマ曲として使用されるまでに時間がかかったが、同選手が復帰し、新ユニット名もMaxiMuMに決まったことから、正式にテーマ曲として使用されることが決定した。

 DRAGON GATE(ドラゴンゲート)は、華麗なアクロバティックな技やスピード感あふれる激しい攻防戦が特長のプロレス団体。イケメンレスラーが多く、女性からも高い人気を得ている。

最終更新:5/6(土) 19:50

MusicVoice