ここから本文です

ジブリ・レイアウト展人気、3万人突破 山口県立美術館

宇部日報 5/6(土) 14:15配信

連休中、ファンどっと

 山口市の県立美術館で開かれている「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展」の入館者数が6日、3万人を突破した。節目となった中国からの交換留学生に記念品が贈られた。

 アニメの場面ごとの設計図に相当するレイアウト約1400点を公開している同展は、4月20日に開幕。2万人を4日に突破したばかりで、ゴールデンウイーク中とあり、わずか2日で1万人を上積みした。

 同展では、スタジオジブリを築き上げた高畑勲、宮崎駿両監督の「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」など33作品のレイアウトを展示。会期は6月18日までで、月曜は休館(6月5日を除く)。開場時間は午前9時から午後5時(きょう6日まで同8時)まで。当日券は一般1300円、シニア・学生1100円。

最終更新:5/6(土) 14:15

宇部日報