ここから本文です

アトレティコ製“超攻撃的SB”と白熱のポジション争いへ J・アルバ、バルセロナ残留を希望

theWORLD(ザ・ワールド) 5/6(土) 8:11配信

移籍の噂を否定「クラブが必要としている限り、ここにいる」

来シーズンの去就が注目されるDFジョルディ・アルバは、バルセロナに留まることを望んでいるようだ。

一部報道ではバルセロナが、アトレティコ・マドリードの下部組織で育ち、今季はアラベスでプレイするフランス人DFテオ・エルナンデス獲得で合意に至ったと発表された。ポジションが同じジョルディ・アルバにはアトレティコ・マドリードやパリ・サンジェルマン、ローマといったクラブへの移籍の噂が漂ったが、「クラブが我が家のようになることを誇りに思っているし、これまでの時間も満足しているよ。クラブが必要としている限り、ここにいる。バルセロナでのプレイを続けたい」と語り、シーズンオフでの移籍の可能性を否定した。スペイン『MUNDO DEPORTIVO』が伝えている。

2012年の加入以来、不動の地位を築いてきたジョルディ・アルバだが、今季はチームが3バックを採用する時期もあったことから、出場機会が減少した。さらに来季はフランスの“超攻撃的SB”とのポジション争いも待ち受ける。ルイス・エンリケ監督が今季限りの退団を表明しており、地位を確保できるかは来季の監督次第だが、新たな監督の候補について問われると、「監督を決める立場にいないから」としながらも「システムは監督が決めることだが、自分にとっては4バックなら良いね」と続けた。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5/6(土) 8:11

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合