ここから本文です

母の日プレゼントは「デジタルとアナログの組み合わせ」で!

5/6(土) 14:00配信

TOKYO FM+

エバンジェリスト・西脇資哲と乃木坂46の若月佑美がパーソナリティを務め、最新ITトレンドやビジネススキルをテーマにIT業界の“今”を伝えるTOKYO FMの番組「エバンジェリストスクール!」。
4月29日(土)の放送では、「ITを使った贈り物」をテーマにトークを展開しました。

若月「ラジオネーム・ほら吹きマオさんからメッセージをいただきました。『毎年母の日にはネットでお花を注文して母に贈っています。もちろんそれでも十分喜んでくれているのですが、たまにはもっと驚くようなことが出来たらなぁと思っています。何かITの力を使って母を驚かせるようなアイデアがあったら教えてください』と」

西脇「いいね~。ITで何が出来るかな? みんなスマホで写真をいっぱい撮ると思うんだけど、オススメなのは、その撮った写真をアルバムにして贈ってくれるサービスがあるんですね」

若月「え~っ、素敵~!」

西脇「これはいいと思うんですよね。あと、初任給でタブレットを買って、自分の写真やメッセージ、動画を入れて母親に贈るのもいいよね。こんなふうに子どもや孫の写真や動画を受け取ったらお母さんはきっと嬉しいんじゃないかな~?」

若月「絶対嬉しいと思います」

西脇「(若月さんは)そういうことちゃんとしてます?」

若月「私は絵を描いて、そこにメッセージを入れたものをメールで送ったりしています。画像データとして持ち歩けるし、印刷して家に飾っておくことも出来るので、活用しています」

西脇「そういうものを手にすると母親は喜びますよね。でね、ちょっとおもしろいものがあって。最近の物流システムが進んでいてすごく正確なので出来ることなんだけど、お花を宅配で届けるのって時間を指定出来るんですよね。以前、面白いことをしたことがあって、朝9時にお花を届けて、10時にお菓子、11時にプレゼント、12時に手紙が届くようにして、13時に食事が届くように順番に指定するんです」

若月「えっ、すごい!」

西脇「……で、14時になったら母親の好きそうな小物やグッズとかね。それで15時になったらタブレットが届くようにしておいて、16時になったら自分が行くんです。1日に何回も母親に喜んでもらうんだけど、最後は自分が時間に合わせて直接行くっていう」

若月「うわぁ、素敵~」

西脇「これね、デジタルとアナログの組み合わせで、いいでしょ?」

若月「すごくオシャレです!」

西脇「こんなふうに、最後は母親の前に姿を見せてもいいんじゃないかなぁと思うんですけどね~」

2017年の母の日は、5月14日(日)。感謝の気持ちの伝え方は人それぞれ。デジタルでもアナログでも、そこに気持ちがこもっていれば、お母さんはきっと喜んでくれるのではないでしょうか。

この日の放送を参考に、たまにはいつもと違うプレゼントで感謝の気持ちを表現してみては?

(TOKYO FM「エバンジェリストスクール!」2017年4月29日放送より)

最終更新:5/6(土) 14:00
TOKYO FM+